MT4は世界で一番多く有効利用されているFX自動売買ツールであるということから、自動売買プログラムのタイプが豊富なのも特徴だと思っています。

 

FX口座開設さえすれば、実際に取引をすることがないとしてもチャートなどを利用することができるので、「さしあたってFXについて学びたい」などと思われている方も、開設してみてはいかがでしょうか?

 

為替の傾向も掴み切れていない状態での短期取引では、リスク管理もできるはずがありません。

やっぱりハイレベルなテクニックが物を言いますから、始めたばかりの人にはスキャルピングは止めるべきだと言いたいです。

 

チャートの時系列的変動を分析して、買うタイミングと売るタイミングの判定をすることをテクニカル分析と呼ぶわけですが、この分析ができるようになれば、売買すべき時期も理解できるようになること請け合いです。

 

一例として1円の値幅だとしても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益ということになりますが、10倍の時は10万円の損益になるというわけです。

結局のところ「レバレッジが高ければ高いほどリスクも高くなる」ということなのです。

 

システムトレードにおいては、自動売買プログラム(EA)の設定内容に従ってテクニカルポイントが生じた時に、システムが必ず売り買いを完結してくれます。

ですが、自動売買プログラムについては人が選択することが必要です。

 

デイトレードとは、スキャルピングの売るタイミングと買うタイミングを幾分長くしたもので、概ね2~3時間以上1日以内に決済してしまうトレードを指します。

 

為替の動きを類推する時に必ず実施されるのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要になってくるのは「チャートの移り変わりを重視して、直近の為替の進捗を予測する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。

 

「常日頃チャートを覗くなんていうことは無理に決まっている」、「為替に影響する経済指標などを適切適宜確かめられない」と思っている方でも、スイングトレードのやり方ならそんな心配は要りません。

 

最近では、どこのFX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが実際的なFX会社の儲けだと言えます。

 

システムトレードというものに関しては、そのプログラムとそれを確実に再現してくれるパソコンが安くはなかったので、古くはほんの少数の裕福な投資家限定で実践していたというのが実情です。

 

デモトレードをスタートする時は、FXに必要とされる証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円単位の仮想通貨として用意されます。

 

FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントが付与されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うという場合は、残念ながらスワップポイントを徴収されます。

 

スワップというのは、売買の対象となる2つの通貨の金利の開きにより得ることができる利益というわけです。

金額から見れば大きくはありませんが、日毎付与されることになっているので、非常にうれしい利益だと感じます。

 

実際的には、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させてみますと、前者の方が「トレードそれぞれで1pipsくらい利益が減少する」と認識した方がいいでしょう。

 

稼ぎながら学ぶPLATINUM FXシリーズ第二弾!
6ロジック搭載で新登場!
> Platinum Kubera FX

 

これでダメならFXはやめましょう。
プロトレーダーの手法・ノウハウを動画にて大公開!
> Maestro FX

 

プライスアクショントレード。
オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。
> Dealing FX