トレードの1つの方法として、「決まった方向に振れる最小単位の時間内に、幾らかでも利益をきっちりと稼ごう」というのがスキャルピングなのです。

 

買い値と売り値に差を設けるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても違う呼び名で取り入れられています。

しかも信じられないことに、その手数料たるやFX会社のおよそ200倍というところが少なくないのです。

 

驚くなかれ1円の値幅だったとしても、レバレッジ1倍なら1万円の損益になるわけですが、10倍の時は10万円の損益になります。

わかりやすく言うと「レバレッジが高くなるにつれリスクも高まる」ということです。

 

売りと買いの2つのポジションを同時に保持すると、円高・円安のどちらに変動しても収益を出すことができるわけですが、リスク管理のことを考えますと、2倍神経を注ぐ必要が出てくるはずです。

 

儲けるためには、為替レートが最初に注文した時のものよりも良い方向に動くまで待つことが必要です。

この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。

 

為替の動きを予想する時に必ず実施されるのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートを検証して、将来の為替変動を予想する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。

 

為替のトレンドも認識できていない状態での短期取引ということになれば、リスクが大き過ぎます。

いずれにしてもハイレベルなスキルと経験が求められますから、始めたばかりの人にはスキャルピングは推奨できません。

 

システムトレードでありましても、新規に発注するという状況で、証拠金余力が必要となる証拠金額以上ないという状況ですと、新規に「売り・買い」を入れることは認められないことになっています。

 

FXにおけるトレードは、「ポジションを建てる⇒決済する」の反復だと言えます。

難しいことはないように感じるでしょうが、ポジションを建てるタイミングもしくは決済を敢行するタイミングは、とにかく難しいと言えます。

 

FX会社個々に特徴があり、優れた点やそうでもない点があったりするのが当たり前なので、新規の人は、「どの様なFX業者でFX口座開設をするべきなのか?」などと悩みに悩むでしょう。

 

スプレッドに関しては、FX会社によってまちまちで、FX売買で収入を手にするためには、スプレッド差が僅少であればあるほど有利に働きますから、この点を前提にFX会社を1つに絞ることが肝要になってきます。

 

申し込みについては、業者の専用ウェブサイトのFX口座開設画面から15分くらいでできるようになっています。

申し込みフォームへの入力終了後、必要書類を郵送とかFAXなどで送付し審査結果が出るまで待つというわけです。

 

スプレッドに関しましては、それ以外の金融商品と比較してみましても格安だと言えます。

正直なところ、株式投資なんかだと100万円以上のトレードをすれば、1000円程度は売買手数料を取られます。

 

FX口座開設に関しましては無料になっている業者が大多数ですので、若干手間暇は必要ですが、2つ以上開設し実際にトレードしてみて、自分に最も合うFX業者を絞ってほしいと思います。

 

スキャルピングの展開方法は三者三様ですが、共通点としてファンダメンタルズ関連は考えないこととして、テクニカル指標だけに依存しているのです。

 

稼ぎながら学ぶPLATINUM FXシリーズ第二弾!
6ロジック搭載で新登場!
> Platinum Kubera FX

 

これでダメならFXはやめましょう。
プロトレーダーの手法・ノウハウを動画にて大公開!
> Maestro FX

 

プライスアクショントレード。
オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。
> Dealing FX