実際のところは、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させてみますと、前者の方が「1回のトレードあたり1pipsくらい利益が減少する」と理解した方が賢明かと思います。
Platinum Kubera FXの方法は三者三様ですが、押しなべてファンダメンタルズに関しては顧みないで、テクニカル指標だけを利用しています。
FX会社毎に仮想通貨を利用してもトレード練習(デモトレード)環境を用意してくれています。あなた自身のお金を使わずにトレード訓練(デモトレード)ができるわけですから、進んで試してみるといいと思います。
FXの取り引きは、「ポジションを建てて決済する」の反復だと言うことができます。それほどハードルが高くはないように思えるでしょうが、ポジションを建てるタイミングまたは決済を決断するタイミングは、物凄く難しいと感じることでしょう。
証拠金を納入してある通貨を購入し、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。その反対に、維持し続けている通貨を決済することを「ポジションの解消」と言っています。

Maestro FXと申しましても、「どんな時も売り・買いをし利益をあげよう」と考える必要はありません。強引なトレードをして、考えとは逆に資金を減らしてしまうようでは何のためのトレードかわかりません。
FX会社に入る利益はスプレッドを設定しているからなのですが、例えて言うと香港ドルと日本円を売買する場合、FX会社はお客様に対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用し、そこで生まれる差額が利益になるのです。
システムトレードにつきましては、人の気分であったり判断をオミットすることを狙ったFX手法だと言えますが、そのルールを作るのは人というわけですから、そのルールが将来的にも良い結果を招くわけではありません。
MT4にて稼働する自動取引ソフト(EA)の製作者は全世界のさまざまな国に存在していて、ありのままの運用状況だったりユーザーの評判などを参考にして、新規の自動売買ソフトの開発に取り組んでいます。
売り買いする時の金額に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社の他に銀行でも別の呼び名で取り入れられているのです。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料というのがFX会社の大体200倍というところが少なくありません。

Platinum Kubera FXでトレードをするなら、数ティックという動きでも手堅く利益を得るという心得が絶対必要です。「もっと伸びる等と考えることはしないこと」、「強欲を捨てること」が肝要になってきます。
Dealing FXのアピールポイントは、「常日頃からPCのトレード画面と睨めっこしながら、為替レートを確認する必要がない」という点で、自由になる時間が少ない人にマッチするトレード方法だと思います。
最近は、どんなFX会社も売買手数料は無料ですが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、このスプレッドが実質上のFX会社の利益になるわけです。
チャートの動きを分析して、売買のタイミングを決めることをテクニカル分析と称するわけですが、このテクニカル分析が可能になったら、売買すべきタイミングも理解できるようになること請け合いです。
FX口座開設さえすれば、本当にFXトレードをせずともチャートなどは利用できますから、「とにかくFXに関する知識を頭に入れたい」などと言う方も、開設してみるといいですね。

FX裁量トレードのトレーニングに必須のツール!
> MT4裁量トレード練習君プレミアム