FX初心者にとっては

困難であろうと考えられるテクニカル分析なのですが、チャートの根幹をなすパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの予想が物凄く容易になること請け合いです。

Maestro FXというのは、株式やFXにおける自動売買取引のことであり、売買を始める前に決まりを設けておき、それに沿ってオートマチカルに「売りと買い」を終了するという取引です。

このところのMaestro FXの内容を精査してみますと、他の人が構築した、「ある程度の利益をもたらしている売買ロジック」を基本として自動売買が為されるようになっているものがかなりあるようです。

今の時代様々なFX会社があり、その会社毎に特徴的なサービスを展開しているというわけです。

そういったサービスでFX会社を比較して、それぞれに見合うFX会社を選抜することが何より大切になります。

5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。

当然のことですがドル高に為替が変動した場合には、売却して利益を得るべきです。

 

 

FX口座開設の申し込み手続き

審査でOKとなったら「IDとPW」が送られてくるというのが通例ではありますが、何社かのFX会社は電話にて「リスク確認」を行なうとのことです。

「忙しくて昼間の時間帯にチャートをウォッチするなどということは困難だ」、「為替変動にも影響する経済指標などをタイムリーに目にすることができない」と思っている方でも、Maestro FXのやり方ならまったく心配することはありません。

大半のFX会社が仮想通貨を使ってのトレード体験(デモトレード)環境を設けています。

自分自身のお金を投入することなく仮想トレード(デモトレード)ができるわけですから、是非とも体験してみるといいでしょう。

FXをやってみたいと言うなら、差し当たり行なわなければいけないのが、FX会社を比較してあなたに相応しいFX会社を見つけ出すことでしょう。

比較の為のチェック項目が10項目くらいございますので、1項目ずつご案内させていただきます。

テクニカル分析をやる場合は、一般的にローソク足を時系列に並べたチャートを使用することになります。

ちょっと見ハードルが高そうですが、しっかりと把握することができるようになると、本当に役に立ちます。

 

 

Maestro FXと言われるのは

人の気持ちや判断を排すことを目的にしたFX手法の1つですが、そのルールをセットアップするのは人というわけですから、そのルールがずっと有効に機能するということはあり得ません。

驚くことに1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益になるわけですが、10倍の時は10万円の損益になります。

結局のところ「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも高くなる」のです。

ここ最近は、どのFX会社も売買手数料は無料ですが、それとは別にスプレッドがあり、そのスプレッドが完全なるFX会社の儲けになるのです。

Maestro FXのウリは、「いつもパソコンの売買画面の前に座りっ放しで、為替レートを確かめる必要がない」という部分だと言え、忙しないことが嫌いな人にうってつけのMaestro FXだと思われます。

テクニカル分析と申しますのは、相場の時系列的な動きをチャート型式で示して、更にはそのチャートを踏まえて、近い将来の為替の値動きを類推するという分析法になります。

このテクニカル分析は、いつ売買したらいいかを知る時に行ないます。

 

これでダメならFXはやめましょう。
プロトレーダーの手法・ノウハウを動画にて大公開!

> Maestro FX

ページの先頭へ